プロアクティブはニキビケア商品として売られており、多くの人が
ニキビケアに成功しています。
しかしプロアクティブを使っても、ニキビが治るどころか悪化してしまったり
肌トラブルに見舞われてしまうケースがあります。

ではプロアクティブが合う人と合わない人の違いを見てみましょう。

・サリチル酸による刺激
プロアクティブにはサリチル酸という成分が含まれていますが、
このサリチル酸は殺菌効果、消炎効果、ピーリング効果の三つがあります。
サリチル酸は文字通り酸性の成分で、アクネ菌などを殺菌する働きがあります。
加えて炎症を鎮める効果とピーリング効果があります。

肌質への適合で最も注意すべきなのはピーリング効果です。
古い角質を除去する効果をピーリング効果と言いますが、これはサリチル酸によって
角質を溶かし毛穴の詰まりを予防するためのものです。

角質を溶かすということは、皮膚全体にもある程度の刺激を与えることになるため、
敏感肌の人はこの刺激によって肌に負担をかけてしまうリスクがあります。
そうするとニキビ予防で使用しているはずが、肌に更なる負担をかけて
余計に悪化したり肌が真っ赤になってしまうなどのトラブルが起こりかねません。

・無料お試しで肌への適合をチェック
プロアクティブは60日間無料お試しができるので、購入したら肌への適合を
チェックしましょう。
使ってみて肌がピリピリしたり赤くなってしまうようなら、サリチル酸に
皮膚が過度に反応している可能性があります。
チクチク、ピリピリして治まるのに時間がかかるようなら、残念ながら
プロアクティブへの適性がないと判断し使用を中止して、返金対応をしましょう。