水と油は混ざりにくいのですが、洗剤などは油を含む成分が含まれており
水と混ざりやすくするために界面活性剤を使用しています。
この界面活性剤は洗剤だけでなく洗顔料などにも同じ理由で含まれているのですが、
その種類によってはニキビに悪影響を及ぼすものがあります。

界面活性剤が含まれていない洗剤を探す方が大変だと言っても過言ではないぐらい、
多くの商品に使われています。
洗浄力を高める働きがあることから、使用されているのですが敏感肌や乾燥肌の人は
ニキビを引き起こしたり悪化させたりします。

全ての界面活性剤が悪影響を及ぼすわけではなく、人工的に作られている
石油由来のものは特に肌に刺激を与えるリスクが高くなります。
そういった界面活性剤のほうが洗浄力が強いもの、幅広く使われている理由です。

もし正しく洗顔しているのにニキビが治らなかったり、できやすかったり
ニキビ以外の肌荒れがある場合は洗顔料に含まれる界面活性剤について、
チェックしてみるとイイでしょう。

界面活性剤不使用の洗顔料なども少ないですが発売されていますので、
気になる方は洗顔料の見直しなども検討してみる価値はあると思います。
ただし、ニキビの原因は界面活性剤だけでなく、食事、睡眠など生活習慣も
影響しますので必ずしも洗顔料の見直しだけでは改善しないこともあります。

洗い過ぎもよくないですし、保湿などを含めたトータルなスキンケアを
行うようにしましょう。