ニキビには白っぽい芯のようなものがあります。
あの芯の正体とはいったい何なのでしょうか?
ニキビの芯は皮脂が過剰に分泌され古い角質が毛穴に取り込まれることで
固まり詰まったものがホルモンバランスの崩れによって硬くなった状態の物質です。

つまり自分自身の脂と死滅した細胞によって作られた生成物です。
毛穴が詰まると炎症を起こしやすくなり、ニキビになっていくわけです。
そのため、ニキビを予防するためには毛穴に角質を溜め込まないように、
皮脂の過剰分泌を避け毛穴の掃除を日々行うことがポイントになります。

それでもニキビができてしまった場合、芯を取り除きたいと言う衝動に駆られます。
これは異物が毛穴に挟まっているという感覚が引き起こすものです。
できてしまった芯は取り除いても良いものがあります。
ニキビを潰すのは良くありませんが、芯はニキビの状態によってはとってもOKです。

では、芯を取って良いニキビとはどういうニキビでしょうか。
まず炎症を起こす前の状態であること、ですから赤ニキビは芯を取ってはいけません。
白ニキビ、黒ニキビでアクネ菌などが繁殖する前であれば問題ありません。
ただ、指で挟んで押し出すようなやり方で芯を取ってはいけません。
専用の面ぽう圧出器、アクネプッシャーなどをドラッグストアで購入して行いましょう。

そして芯を取り除いた後は毛穴が大きく空いた状態になりますので、
むやみに手で触れてはいけません。
手で触れてしまうとそこから雑菌が入って炎症を起こしてしまいます。
優しく洗顔したあとに化粧水やクリームなどで保湿をすれば、毛穴は自然と塞がります。