プロアクティブは泡立ちにくい設計になっています。
これにはちゃんとした意味があるんです、実は洗顔の時の泡は洗うことに対して
あまり意味がないとされています。
泡で汚れを落としていると思っている人が多いですが、泡洗顔には2つの間違いがあります。

1つ目は「細かい泡で毛穴の奥まで綺麗にする」
汚れを落とすことと泡の細かさなどは関係はありません。
毛穴の奥まで泡が入り込むほどの小さな泡を作ることは実際にはできません。
毛穴を綺麗にするのは泡ではなく、洗顔薬です。
泡が毛穴に入って汚れを落とすというのは、イメージにしかすぎません。

2つ目は「泡は肌へ与える負担を減らす」
大量の泡を手に取って洗顔することで、肌に与える刺激を減らすようなイメージを
CMなどでも行っていますが、泡は単なる空気を含んだ気泡にすぎませんから
見た目には弾力があるように見えますが、これで肌への負担を減らすことはできません。
実際に肌への負担を軽減しているのは、洗顔薬のヌルヌル感です。
このヌルヌル感が摩擦を軽減して、肌への負担を軽減しているのです。

泡で洗顔するのはふわふわ感と隅々まで行き届くというイメージが先行しすぎています。
泡を顔に着けるということは、しっかりと洗い流す必要がありますから
これを疎かにしてしまうと逆に肌への刺激として泡が悪さをすることもあります。
どうしてプロアクティブは泡立たないのか、そして泡というイメージだけで
洗顔料を選ぶことに意味がないことを知りましょう。