肌は様々な状態に変化することでトラブルを起こしやすくなります。
そしてその状態はいろんなケースがあって、肌の状態に合わせてしっかりと
ケアしなければ本来は改善するトラブルも改善どころか悪化してしまうこともあります。
そこでよく間違われやすい肌の状態として、「オイリー肌」と「乾燥肌」について
しっかりと理解することが大事です。

オイリー肌とはその名の通り、皮脂が過剰に分泌されている状態で、
乾燥肌とは角質層の水分が極端に不足してしまっている状態を指します。
また、オイリー肌の半分以上は乾燥肌が原因と言われていますので、
乾燥肌とオイリー肌は混在することがあると考えてください。

その上でそれぞれの肌質でニキビが出来た場合の違いを見てみましょう。
オイリー肌は皮脂が毛穴に詰まって嫌気性の細菌が活性化し、炎症を起こして
ニキビになってしまいます。
乾燥肌の場合は、水分量が減少することで肌のターンオーバーが正常に働かず
毛穴などに死んだ細胞が詰まったりすることで炎症を起こしてニキビになります。

このようにオイリー肌は乾燥肌の延長線上にあると言えるため、
オイリー肌に出来るニキビは乾燥肌で出来るニキビを内包しているとも言えます。
ただ、すべてのオイリー肌が乾燥肌を原因としているわけではなく、
ストレスや加齢、食事内容などでオイリー肌になることもあります。
いずれにしてもニキビを治療する際には、肌の状態がどうなっているかを見極めて
正しい方法で治療法を選ぶことが大事です。
オイリー肌だと思っていたら、実は乾燥肌でもあった!なんてことは普通にあります。