ニキビは誰にでもおこる単純な皮膚トラブル。
洗顔をきちんとしていれば治るし、皮膚病とまではいかない。
こう思っている人が多いです。
だから治療が遅れてしまうのです。

例えば某お笑い芸人の方は肌がブツブツ、デコボコになってしまっています。
あれは適切な治療を受けなかったからです。
皮膚科できちんと適切な治療を受けていれば
ニキビはそこまで悪化しませんし、出来てしまったとしても跡に残りません。

またニキビは内臓疾患の前兆ということもあります。
ニキビが繰り返すという場合には皮膚科を受診して診断を受けましょう。
適切なケアをしてもニキビを繰り返してしまう場合には
内臓に何らかのトラブルが起きている可能性があります。
安易に自己判断をせずに、皮膚科を受診してください。

病院に行くというのは手間がかかりますが
ニキビをケアする基礎化粧品も安くはありません。
病院に行って一度きちんとした診断を受ければ
高いニキビ専用のケア商品を購入しなくても
軟膏一つで治る場合もあります。
その場合は、継続してそれらの化粧品を使うよりも
ずっと安価ですし、症状を繰り返さずに済みます。

また思春期ニキビと大人ニキビでは原因が大きくことなります。
自己判断でケアをしていると、逆効果ということも起こりがちです。
自分のニキビがなぜできているのか、よく考えてから適切なケアをしてくださいね。