おしりにもにきびは出来ます。
あまり気になったことがないという人もいるかもしれませんが、
おしりってかなり刺激を受けやすい部分でもあるんですね。

おしりは常に刺激を受けている場所といってもいいかもしれません。
下着の締め付けもありつつ、座っていれば体重がおしりにかかっています。
刺激を受けないことがない場所といってもいいかもしれませんね。
あえていうのであれば、お風呂に入っていて浮かんでいる状態のとき、
もしくは下着をつけずにうつ伏せ状態の時だけではないかと思います。

おしりにできたにきびもケアしてあげないといけません。
おしりってにきびいがいにも黒ずみもできやすいんですよね。
汗もかきますから仕方ないと言えばそうかもしれませんが...。

おしりにきびを改善するにはまずは洗うということになりますからお風呂の入り方が大事ですね。
おしりの毛穴を開かせるためにお風呂にはしっかりと浸かったほうが良いです。
そして刺激を与えたくないのですが、しっかりと汚れを落としたいので手で泡で洗ってあげたほうが良いです。
そして乾燥させてもいけないので、クリームなどで保湿もしてあげるようにしましょう。