2011年11月の記事一覧

プロアクティブは日本人のお肌のためのニキビケアです。

自分のニキビに合わせたケアセットだけではなく、カウンセリングもあります。

肌や商品、よりメリットのある使用方法などのサポート。

今まで効果がなかった人にも、予約制で専門家にしっかり相談することが
できるので、ケアも万全なのです。

よく「無料相談」はありますが、プロアクティブはサポート体制が万全だから、
今まで治らなかったニキビを本気で治していくことができるのです。


殺菌も保湿もできて、ニキビ予防をしながら健康な肌へ。

長年悩んできたニキビを改善するだけではなく予防をしていくこともできる
プロアクティブで、悩み続けてきたニキビとさようならしませんか?

最近では返金保証制度を設けている所も増えていますが、
スキンケアというのは、お肌の状態を見るためのものなので
30日では少し足りない...ということもあります。

病気だったり体調を崩していたり、女性なら月経があるため、
ホルモンバランスの良い時から化粧品を変えるというのが
一般的です。

しかも、お肌のサイクルは1か月ほどなので、時期によっては
届いて少し時間を置いてから試してみたいと言う人もいます。

でも、30日間ではすぐに始めないと、1か月試すことができず、
結局思うような効果を得られないことがあります。


プロアクティブの返金保証は60日なので、その点は安心です。

月経の後から初めて、月経中のお肌の様子をみながら1か月
きちんと試せるので、しっかりと効果を確かめることができるのです。

プロアクティブは朝晩2回の簡単スキンケア。

たった、3ステップだけでお肌が変わるのです。


まずは洗顔。

ニキビケアをして、毛穴を綺麗にニキビ予防。


つぎに整肌。

肌荒れやニキビに効果的な成分によってニキビ予防をし、健康な肌へ。
そして、角質ケアをして肌のバランスを保つ。


最後に保護。

お肌を清潔な状態にして、ニキビ予防。
きちんと保湿をして、美肌へ。


普段のスキンケアに洗顔と化粧水、そして美容液や乳液などをしている
人もいるとはもいますが、それと同じなのでとても簡単です。

ただニキビを改善・予防するだけではなく、健康美肌を目指すのが
プロアクティブなのです。

しかも簡単3ステップだから、毎日朝晩習慣にして続けることができるのです。

プロアクティブは毎日愛用する人のために「クリアスキンプラン」があります。

これは定期サービスで、様々なメリットがありますのでご紹介しますね。


■通常価格の25%以上OFF

■購入金額の5%ポイント還元

■初回購入はプレゼントつき

■1回目のセットと同じものをなくなる前にお届け

■自分に合ったサイクルを決められる

■キャンペーン情報をお届け

■入会費・年会費無料

■休止したい時には電話1本でストップ・再開可能

■アドバイザーからのカウンセリングあり


プロアクティブのクリアスキンプランは、いたれりつくせり。

毎回注文することなく、いつでも好きなタイミングで愛用し続けることができます。

毎日しっかりニキビケアをしていきたい人は、ぜひオススメです。

顎やフェイスラインを中心にできる大人ニキビ。

思春期ニキビとは無縁だった方でも、悩まされている方は多いのではないでしょうか?

実は大人ニキビは、男性ホルモンとの因果関係が指摘されているんですよ。


大人ニキビに悩む女性の中には、生理前になるとできやすいという方も多いです。

これは、男性ホルモンに似た働きをする、黄体ホルモンの分泌量が増えるためです。

皮脂の分泌が高まったため、ニキビができやすくなるのです。


ストレスの増加により、ニキビが増えたという方も多いです。

ストレスにより、脳下垂体のコントロール機能が狂い、ホルモンバランスが崩れるからです。

また、副腎皮質が刺激されて、男性ホルモンの増加を招くとも推察されています。


いずれにしても、大人ニキビと男性ホルモンには、何かしらの関係があります。

事実、大人ニキビに悩む女性の血中ホルモンを調べたところ、約4割の方の男性ホルモン値が増加していたそうです。

大人ニキビは、女性の男性化兆候の1つであるとも言われています。

男性のヒゲが生える部位、顎やフェイスラインを中心にできるからです。

また、男性ホルモンの値が上昇している女性も多いからです。


ところで、大人ニキビができた時の対処は、どうしたらいいのでしょうか?

大人ニキビの特徴は、コメドと赤く腫れたニキビが混在していることです。

赤く腫れたニキビが複数個できた時には、自己処置は禁物です。

無理に潰すと、跡が残ってしまうからです。

いったんクレーターのように凹んでしまった肌は、完治しにくいです。

ですから、市販薬やニキビ用化粧品だけに頼らず、早い段階で皮膚科を受診しましょう。


なお、皮膚科での治療は、抗菌と抗炎症の作用を併せ持つ抗生物質を服用して行います。

また必要に応じて、ケミカルピーリングなどでの治療も行います。

ニキビだけでなくお肌そのものをキレイにしたい場合には、親身になって治療をしてくれる皮膚科医を訪ねるといいでしょう。

女性で大人ニキビに悩む方の中には、生理前にできやすいという人もいます。

これは、黄体ホルモンが卵胞ホルモンよりも優位になるためです。


黄体ホルモンとは、卵巣から分泌されるホルモンの1つで、男性ホルモンに似た働きをします。

分泌量が増加するのは黄体期(排卵日から生理直前の2週間程)で、この期間は体に変調をきたします。

例えば、お肌が敏感になったり、皮脂の分泌量が増加したりします。また、便秘になったり、イライラが募ったりもします。

こうした幾つかの要因が重なり、ニキビができるのです。


それに対して、卵胞ホルモンが優位になる卵胞期(生理から排卵日の2週間程)には、お肌は安定しています。

黄体期にできたニキビも、生理が始まると自然と治っていくのです。

ところがストレスをかかえていると、自律神経の乱れにより、ホルモンバランスが崩れます。

すると、周期とは無関係になり、ニキビは治るどころか悪化してしまうのです。


女性ホルモンと深い関係のある大人ニキビ。悪化させないためにも、肌周期(生理周期)を把握する必要があるでしょう。

黄体期(生理前2週間程)にできやすい大人ニキビ。

実は、黄体期は、処置をするグッドタイミングでもあるのです。


例えば、ニキビに有効な抗生物質の服用や外用に適しています。

特に、生理前だけにニキビができる方の場合、数日の治療だけでお肌が安定することが多いです。そして生理が始まると、お肌の調子が落ち着くので、ニキビは完治します。


また、最低限のスキンケアで、お肌を休ませるのもいい方法です。肌の水分量と皮脂量のバランスを整えて、バリア機能を高めておくのです。

こうしたケアにより、ニキビができにくいお肌になります。また、卵胞期の積極的なケアの効果も得られやすくなります。

新陳代謝が高まり、肌本来の美しさを取り戻せるのです。


スキンケアの方法ですが、クレンジング,洗顔,保湿,保護を朝晩丁寧に行います。

皮脂の出口を塞がないことが大切で、メイク汚れ・余分な皮脂・古い角質はキレイに取り除きましょう。ただし、肌に刺激を与えるのは禁物で、優しく洗ってください。

20代半ば以降の保湿ケアでは、セラミド,NMF,アミノ酸などの成分がお勧めです。

全体的には引き算のケアが大切で、過度な油分補給には注意しましょう。

生理前に大人ニキビができやすい女性は多いです。

黄体ホルモンの分泌量増加に伴い、便秘になりやすいからです。また、月経前症候群でイライラしやすくもなるからです。


大人ニキビ予防には、便秘やイライラの解消が欠かせません。

便秘解消には、マグネシウムの摂取が効果的です。そしてイライラ予防には、カルシウムの摂取が効果的です。

つまり、便秘やイライラによる大人ニキビ予防には、マグネシウムとカルシウムを摂取するといいわけです。


マグネシウムやカルシウムを手軽に摂取できるものとして、硬水があります。

硬水とは、1リットル当たりの硬度(カルシウムとマグネシウムの含有量)が300ミリグラムの水のことです。例えば、コントレックス,サンペレグリノ,など、硬度の高いミネラルウォーターは硬水です。

ちなみに日本の水は、硬度100未満の軟水です。


硬水を飲むタイミングですが、朝の起き抜け,運動後,入浴前後,などがお勧めです。

コップ1杯の水を習慣づけるといいでしょう。ただし、下痢をしたり冷えやすい体質の方にはお勧めできません。

ニキビの原因である皮脂は、悪者として扱われがちです。

しかし皮脂は、お肌の潤いを保持するために必要不可欠なものです。

油の膜があるおかげで、水分が蒸発することなく潤いを保てるからです。


とはいえ、皮脂が多ければ良い、という訳ではありません。

また、ニキビ対策として皮脂を取り除けは良い、というものでもないのです。


特に大人ニキビの場合、乾燥肌の人でも、局部的に皮脂の分泌が増えてニキビができてしまうケースがあります。

この場合、皮脂を取り除くケアだけをすれば解消されるわけではありません。皮脂の過剰分泌を抑えることが大切なのです。


皮脂は、生理前やストレスが溜まると、過剰に分泌されます。この時、甘いものや脂っこいものを食べ過ぎると、ますます皮脂が分泌されます。

皮脂が過剰に分泌されると、ニキビができやすくなります。ですから、甘いものや脂っこいものを食べない努力が必要です。

つまり、皮脂対策をすることで、ニキビ予防ができるのです。

このページの上部へ