ニキビ対策で多く使われている洗顔料は、プロアクティブが一般的ですが
それ以外にもファンケルのアクネケアなどもあります。
幾つもある洗顔料ですが、どういった違いがあるのか肌の適性などを見ながら
あなたにピッタリなのはどっちなのか確認してみましょう。

・プロアクティブはピーリング効果でニキビ予防
プロアクティブはサルチル酸によってアクネ菌を殺菌するとともに、
ピーリング効果でニキビを予防します。

そのため、皮膚が薄かったり、乾燥肌、敏感肌の場合は合わないことが多いので、
使用は控えたほうが良いかもしれません。
逆に敏感肌などではなく肌にピーリングが合致すれば、即効性が高い洗顔料です。

・ファンケルアクネケアはバリア機能を維持してニキビ予防
ファンケルアクネケアはプロアクティブのようにピーリング効果のある成分がなく、
肌のバリア機能を維持した状態でニキビを予防する方法を取っています。
そのため、プロアクティブが肌に合わない方には適していると言えます。

・両者の成分はどう違うのか

両方に含まれている成分
→グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸

プロアクティブのみに含まれる成分
→ビタミンC誘導体、サリチル酸

注意すべきはサリチル酸によるピーリング効果ですが、どちらの洗顔料も
医薬品ではないため使用には注意が必要です。
ファンケルアクネケアが刺激性ではないとしても、合わない肌はあります。
洗顔料はあくまでも洗顔料であり、完璧ではない事を知りましょう。